FC2ブログ
スピリチュアル・マザーのブログ
金沢市のスピリチュアル・マザーのイベント情報やお知らせ、マザー・ToMoKoの日々の出来事を綴っていきます。
昨日
リピーターさんが、おい出て「1っ歳になる孫の女の子が骨髄性白血病なんです。」と、どうして良いのか分からず何故かマザーの所に行かなくってっはと思い来たそうなんです。
娘夫婦の初めての赤ちゃんが「白血病」だなんて。祖母になる方は弱り果てて私に縋って来られました。
娘も助けなければいけない立場の貴女がシッカリしないとダメでしょ。
一言だけ言って神に縋ってみるしかない。すぐに紙にその赤ちゃんの名前を書いて先祖代々の因縁を切る処置に入りました。
お線香を焚いて必死にご供養をさせて頂いている時、ふっと彼女を見た時、必死で両手を合わせて孫の為に願っている姿が見えました。
彼女も可哀想だし娘さん夫婦も愛しくって経文をあげながら涙が出て来ました。
何とかしなければ。でも神でも無い見える聞こえる感じる位しか出来ない私が一体どこまでさせて頂けるか?
我に返った時には自分の命と交換に、この幼子を助けたもうと願っていました。
無我夢中とはこの事かな?
何度も幾度もこの様な事をさせて頂いて来ました。
神様にお願いしたら駄目なのは重々存じた上で私の寿命と1歳しか生きていない幼子と交換して下さいと願ってしまいました。
この赤ちゃんの御先祖様方の因縁も切らせて頂く為に我が身の肉体や寿命を役に立つかは分からない。
でも願っては神様に御迷惑をお掛けするのも承知でわらに縋りました。
幾度も幾度も経文とお線香をあげて身体の体温が下がり、いつも熱い手が冷たくなるまで経文をあげさせて頂きました。
たったこれ位しか出来ない己に腹が立ちました。
今も抗癌剤を身体の中に受けて熱を出してぐずる赤子を母はどんな思いで側にいるんだろうかと思うと涙が勝手に出て来ました。
鑑定におい出た彼女は頭を深々と下げて「有難う御座いました。有難う御座いました」と何度も御礼を言って帰られました。
何故?神様は何も出来ない私に、この様な辛い修行をさせるのか?
今回、程マザーを辞めたいと思った事はありませんでした。
大人ならまだしも1っ歳の赤ちゃんが大病だなんて。
今現在、この赤ちゃんは金沢大学病院に入院されています。
皆、お願いです。光の玉をもしマザーのブログを見ていたら私にイメージして送って貰えませんか?
何とか、この赤ちゃんを助けたい。生意気な事を言っているのは重々存じております。
でも何もしないでいる己が情けなくって。
昨晩も雪の降る中、一人で真っ暗な中、『滝に打たれるが如し』雪を川迄捨てるのにお経を唱えながら1っ回づつ、その赤ちゃんをイメージして9時から11時頃迄やってみました。
何もしないでいるより少しでもその事その母に気持ちが届けばと思いさせて頂きました。
今日、今現在、生きて居る事が当たり前と思うなよ。奇跡で生かさせて頂いているのですから。
だからこそ1日1日を一生懸命に生きるのではないのでしょうか?
生かさせて頂いて下さいまして有難う御座います。
私の家族も身内もマザーの子供達も、その家族も私の家族です。子供です。
皆様、よろしくお願い致します。

スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://spiritualmother.blog104.fc2.com/tb.php/294-4791941d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)